行政書士 奥田邦雄 事務所
トップページ 事務所紹介のページ 取扱業務のページ リンクのページ お問い合わせ・相談

株式会社設立・NPO法人設立

起業を検討されている方や個人事業主の方へ

このまま個人事業主で商売を続けていくのがよいのか、それとも・・・とお考えのあなたや、 新しく会社を設立したい方に株式会社の設立をおすすめします。株式会社にすることによって得られるメリットはたくさんあります。以下にいくつかご紹介いたします。

 

株式会社設立のメリット

株式会社設立のデメリット

1.節税できる。

2.社会的信用を得られる(人材を集めやすい、契約を取りやすい)。

3.有限責任

4. 政府系・民間、両方の
  金融機関から融資を受けられる。

5.社会保険に加入できる。

6.助成金の申請ができる。

1.手続きが複雑である。

2.定款認証手数料(50,000円)、登録免許税(最低150,000円)が必要となる(本来、収入印紙40,000円も必要となりますが、当事務所では電子定款認証を導入しているため収入印紙代は不要となります)。

その他にも、助成金の申請ができたり、法人口座を開設することができたりと、個人事業にはないメリットがあります。

今では会社は資本金1円でも設立できるようになっています。

いわば誰でもどこでも好きなときに設立できます。

しかし、行政手続きとはとかく面倒で時間がかかるもの。

会社を立ち上げるときには、それ以外にもやることがたくさんあります。

 

株式会社設立の流れ 

 当事務所にて会社設立の手続きをご依頼いただく場合、ご依頼いただいてから登記 が完了し、登記簿謄本が取得できるようになるまで最低3週間かかります。まずは、お客様のお申し込みを受けてから、下記1にあるような事項を中心としたヒアリングを行います。そして、定款を当事務所で作成して、登記申請(司法書士委託)します。 

お客様は下記2の必要なものを準備し、必要箇所に押印していただくのみです。

1.ヒアリング

 会社設立手続きをご依頼いただく場合には、会社の骨格となる様々な事項を決めていただく必要があります。下記に紹介するのがその代表的なものです。実際にご依頼いただいた際には、どういう形で今後会社を運営していくのかというニーズをお伺いし、法律上のきまりを考慮しつつ、打ち合わせをさせていただいた上で、決定していきます。

@会社の商号(会社の名前)

A会社の目的

B会社の営業年度

C会社の本店所在地

D会社の資本金の額

E会社の発起人(会社にお金を出資する人)

F会社の役員

2.必要なもの

 

会社設立手続きをご依頼の際に、ご用意いただきたいものは以下の3つです。

@発起人、取締役となられる方の印鑑証明書 

発起人の方、取締役の方、それぞれ印鑑証明書1通ずつ必要となります。

A発起人、取締役となられる方の実印(印鑑証明書に押印されている印鑑)

会社設立手続きの中で、当事務所で作成した書類に、発起人、取締役となられる方の実印を押印いただく必要があります

B会社の代表者印

設立する新しい会社の代表者の印が必要となります。印章店で会社の代表者の印を作りたい旨を伝えれば、規格に沿ったものを作ってもらえるかと思います。

3.電子定款認証

 従来は、株式会社の定款を作成して公証 役場で認証してもらうために、収入印紙の代金として4万円を納める必要がありました。しかし、紙に書かれた定款ではなく、電子化された定款が認められるようになりました。この様式で定款認証を行えば、収入印紙代の4万が不要になります

 

料金

相談は1時間3,150円
 初回30分は無料です

105,000〜

→お申し込みはコチラから

→特定局長様、お申込みはコチラから

 
Copyright(c)2006 OKUDA GYOUSEI All Rights Reserved. ホームページ作成 ホームページ制作 会社 滋賀 京都